歯のお話

 

乳歯の管理と歯並びについて

 綺麗で健康な歯並びにしてあげることも、お子様が成長された時には大きなプレゼントとなるのではないでしょうか?そのためには、乳歯の管理が大きなポイントになります。

 

 矯正装置で動かす歯は、主に永久歯であることから、乳歯の役割の重要性がよく理解されていないのでは?と感じることがあります。

 乳歯には、実にたくさんの大切な役割があります。だから、いずれ抜けていく歯だから---と軽んじてしまうのはいかがでしょうか。

 まず、良い歯並びになるには乳歯から永久歯へと生え替わる順序や時期がとても重要です。いつ頃どの歯が永久歯に生え変わるかはおおよそ順序が決まっていますが、虫歯などでその順序が変わってしまうと、歯並びが悪くなってしまいます。

 また、予定の時期が過ぎてもなかなか乳歯が抜け落ちない場合には、永久歯は乳歯の脇の方へと出てくる方向を変えてしまいますので、これもまた悪い歯並びの原因となります。

 ですから、乳歯が隙間なくきれいに生えているお子様も、あまり手放しでは喜んでいられません。隙間がないということは、あとで永久歯の出てくる余地が不足する可能性が大きいからです。

 おなじように、乳歯の虫歯を放置してしまうお母様も少なくないようですが、これは先ほど書いたように、乳歯を予定よりはやく失う原因になったり、また乳歯の根まで虫歯が及ぶと、その下の永久歯の「たまご」に感染し、形成が不完全になるおそれもあります。

 

 このように、生え替わりの時期というのはとっても大切な時期です。ですから、この時期に虫歯予防の処置を行ったり、正しい歯磨きの方法を習慣として得ることを強くおすすめいたします。

 矯正歯科治療は、たんに永久歯を動かして並び替えるばかりではなく、乳歯を管理しながらさらに歯並びが悪くなりそうな条件を取り除くことも、予防的な矯正治療として重要だと考えており、当歯科では実践いたしております。

 この年頃のお子様がいらっしゃいましたら、ぜひお子様のためにもいちど当院までお越し下さいませ。

 

育愛会デンタルクリニック 矯正歯科学会認定医 田中珠美
TEL:045-231-1765

 

 

医療法人 育愛会 育愛デンタルクリニック
神奈川県横浜市中区日ノ出町 1-75

医院スタッフ お問い合せ トップページへ 当歯科 5つの診療方針 医院内・施設のご紹介 デンタルガイド 歯のお話 当歯科 診療時間とアクセス